MENU
訪問者別メニュー
入試・学費
学科紹介
学校案内
お問合わせほか
トップページ  >  学校案内  >  資格一覧  >  上級救命講習

上級救命講習

公的資格
上級救命講習

上級救命講習とは

上級救命講習とは、消防本部が指導及び認定をする公的資格講習のことで、医療の専門家ではない人が心肺蘇生や自動体外式除細動器(AED)を使用した胸部圧迫の方法、止血法及び外傷の応急手当など救急時の救命に関する実技が学べるものです。
この講習は、各自治体や消防署などで実施され、上級救命講習の他に各種の普通講習があり、近年では2つの新しいコースが設けられています。

上級救命講習では、成人及び小児・乳児に対する救命処置や応急手当て、搬送法などについても学べぶことができます。講習内容は、実技と筆記の効果測定も加わったものとなっています。
上級救命講習を修了することにより、上級救命技能認定証が交付されます。

上級救命講習を取得するには

上級救命講習修了証を取得するためには、定められた講習を修了する必要があり、各自治体の消防長によって認定されなければなりません。

受講資格は特にありません。
したがって、希望者すれば誰でも受講して救命について学ぶことができます。
専門学校に在学していると、在学中に取得が可能となりますので効率的に資格の取得が実現できおすすめです。

上級救命講習は、福祉関連の資格が取得できる専門学校では介護福祉士の資格取得をはじめ救命技能講習の対策カリキュラムなども行われている場合があり、資格対策だけでなく就職の際にも役立ちます。

上級救命講習の需要

目の前で誰かが倒れたとき等、命に関わる緊急事態の場に遭遇した際に役立つのが上級救命講習です。
上級救命講習の受講者層は、老若男女問わず年齢の幅が広いのが特徴で、学生も多くみられます。

また、受講率は増加傾向にあります。
受講者増加の理由としては、講習を受講して修了を認定されれば取得できるというシステムもその一つと予想されます。

現在では、駅やスーパーなどあらゆる場所にAEDが設置されており、職場での導入も進んでいます。
しかしAEDの安全な使い方を学んでいる人がいなければ救命活動に役立てることができません。
そこで、救命の知識を持ち実際に使用できる人材が注目されています。

高齢化社会を見据えると、一般人の救命活動が不可欠となってくることが考えられますので、上級救命講習認定証を持つ方のニーズはますます高まっていくでしょう。

上級救命講習の将来性

上級救命講習は、修了証の取得だけで直接仕事に繋がる資格というわけではありませんが、あらゆる職場で救急車が来るまでの一次救命が必要になった時に役立ち、職域を広げる時にも役立つと考えられます。

上級救命講習を受講することで、防災や救命の知識やスキルの幅も広がりますし、万が一の時の応用力が重要になる実際の現場では、基礎は勿論のこと学んだ知識をしっかりと実用できるかが問われます。

特に、多く人が集まる集合施設や学校などでは職員、警備スタッフなどその場で働く人材の対応ニーズが高くなるといえるでしょう。
地震や災害・事故などが懸念されている昨今、上級救命講習は受講しておくことにより、職場だけでなく自治体でも不可欠な人材として将来性が期待できる資格です。

受講資格

上級救命講習は、実務経験や資格が無いと受講できないものではありません。
誰でも受講ができますので、将来の国家資格取得やキャリアアップなどに向けて受けておくと良いでしょう。

受講するためには、専門学校や養成施設などに通う必要がありますが、平日や夜間など様々なコースが設けられていますので、ライフスタイルに合わせて無理なく受講できる専門学校やコースを選ぶことが大切です。

また、上級救命講習は、資格の有無、保有資格の種類などによって費用が異なることに加え、科目免除もあるなど費用や学習時間が軽減されるようになっていますので、詳細は受講を希望する専門学校や養成施設などに問い合わせてみましょう。

合格率・難易度

上級救命講習のカリキュラムは座学よりも実習が主体となり、実技と筆記の効果測定を合わせて8時間の講習となります。
その内容は、成人・小児及び乳児の心肺蘇生やAEDの使用方法、窒息の手当に加え止血法や外傷の応急処置などとなっており、搬送の方法などもマネキンを使用して学びます。

難易度はあまり高くなく、講習を受講することで取得できる認定資格ですので、常にテキストに目を通し講習をしっかりと受講すれば合格は難しくありません。
上級救命講習は、専門学校在学者ならより救命の知識を深める目的で受講しておくと、更にスキルがアップして仕事に役立つでしょう。(2018年2月現在)

資格を生かせる仕事

上級救命講習は、成人に加え小児や乳児に対する救命処置や応急手当などが行えるということを認定するものですので、介護施設や各種の集客施設などがこの資格を生かせる職場として挙げられます。

また、学校職員や保育園など、小児や乳児を預かっている職場も活躍が期待できる場所です。
上級救命講習は、直接職業に繋がる資格ではありませんが、現在では消防士の資格取得の際の要件ともされていますので、仕事の幅が広がり防災面に役立つスキルとなります。

資格取得で期待できる収入

企業によっては、上級救命講習を受講して資格を取得すると資格手当が支給される場合も予想されます。
毎月の給料にプラスされる期待が持てますので挑戦してみるとよいでしょう。

この資格を取得することで、高収入に結びつくことは少ないものの、防災や救命の知識を習得することで、社会貢献に一役買うことも可能となりますし、自身の生活の中でも有益なものとなるでしょう。
上級救命員が必要とされる職場も多くなってきていますので、更に資格をプラスすることで収入アップも期待できます。

関連資格

普通救命講習Ⅰ
普通救命講習Ⅱ
普通救命講習Ⅲ
救命入門コース
AED講習会
応急手当普及員講習
救命救急士

読売理工医療福祉専門学校 介護福祉学科について

資料請求
オープンキャンパス
PageTop