MENU
訪問者別メニュー
入試・学費
学科紹介
学校案内
お問合わせほか
トップページ  >  学校案内  >  資格一覧  >  CGクリエイター検定

CGクリエイター検定

民間資格
CGクリエイター検定

CGクリエイター検定とは

CGクリエイター検定とは、映画やアニメーション、ゲームといった映像制作において、シナリオや絵コンテなどを基本に表現技術やCG理論などの関連知識に加え、専門のソフトを用いる能力を測る民間資格です。

CGクリエイター検定試験は、「CG-ARTS協会」が実施するもので、デザインをはじめ2次元CG、構図やカメラワークなどの映像制作の基礎に加え、3次元CG制作の手法などの知識が問われます。

CGクリエイター検定の種類は、基礎編であるベーシックと応用編であるエキスパートの2種類に分けられており、問われる試験科目にそれぞれ違いがあります。
将来CGクリエイターやデザイン分野での仕事を目指すなら、チャレンジしておきたい技能検定資格です。

CGクリエイター検定の資格取得を目指すには

CGクリエイター検定試験の合格を目指すなら、映像の知識とCG技術に特化した学科がある専門学校がおすすめです。
専門学校では設備をはじめ、クリエイティブな環境が整えられていますし、就職活動や進学など多彩な進路の選択が可能となるメリットがあります。

また、CGクリエイターに限らず目指す職種によってより専門性の高いカリキュラムが受けられることに加え、資格取得に向けた学習にも力を入れておりますので、映像制作には必須の造形力も養うことが可能です。
学校によっては、一般的な奨学金に加え独自の奨学金制度を設けている場合もありますので、経済的に入学を諦めている方でもこうした制度を設けているところを選んでみるのも良いでしょう。

CGクリエイター検定の需要

ゲームやスマートフォンなど、CG技術を駆使したプラットフォームが多種多様に登場していることから、CGクリエイター検定の受験者は年々増加傾向にあります。
今後CGクリエイターは注目度の高い職種となっていくと考えられるため、更なるニーズも見込まれるでしょう。

CGクリエイター検定に合格することは、決して簡単ではありませんが、チャレンジすることで知識の習得にも繋がりますし、CGの専門知識を持ち合わせているという証明・裏付けになります。
就職を控えてこれから社会人になる学生の方でも、すでに社会人のかたでも、CGクリエイター検定と関連資格を取得しておくことで自身のクリエイティブ能力の目安とすることも可能です。

CGクリエイター検定の将来性

CGクリエイター検定は、士業のように資格を取ってもすぐに就職に役立つとは考えにくいですが、現在のCG技術はビジュアルデザインには必須ですので、仕事の安定性の面では将来性は十分あると思われます。
しかし、競争が激しい世界ですので、デザインスキルは勿論のこと新技術に対応できる柔軟性や芸術性を磨いておくことは不可欠です。

また、バーチャルの世界は日々進化しておりますので、オリジナル性を備えたモデリング技術も重要となります。
今後も、CGクリエイターが活躍できるシーンは多岐にわたっていくと考えられます。
将来的には企業に就職したり、在宅勤務や独立することを視野に入れながらスキルアップを重ねていくことで、収入の面でも安定感が増していくでしょう。

受験資格

CGクリエイター検定には特に受験資格がありません。

したがって、実務経験がなくても誰でも受験が可能です。
検定試験は7月と11月の年2回全国各地のエリアで実施され、個人受験または団体受験が可能です。

CGクリエイター検定試験の受験料は、ベーシックとエキスパートでそれぞれ異なり、ベーシックが5,500円、エキスパート6,600円です。
申込み方法は2種類あり、インターネットまたは郵便にて受付しています。

試験形式はベーシック・エキスパートともにマークシート方式です。
試験内容はベーシックの場合、グラフィックスや表現などの基礎知識が中心となっており、エキスパートでは写真や動画の撮影手法などに加え、映像の編集及びプロダクションワーク、数理造形の手法など映像制作に関わる知識が幅広く問われるのが特徴です。

CGクリエイター検定試験の試験会場や受付期間をはじめとした詳しい内容は、申込みの前に確認しておきましょう。(2018年3月現在)

合格率・難易度

CGクリエイター検定の合格率は、問題のレベルによって差はあるものの、ベーシックで比較的易しくエキスパートではやや低い合格率となっています。
数値ではベーシックの合格率が約65%ですが、エキスパートでは合格率約22%にまで落ち込んでいます。

CGクリエイター検定エキスパートの難易度はベーシックに比べレベルが非常に高いため、試験にあたってはかなりの学習量が必要とされます。

試験内容は、映像制作の基礎知識は勿論のこと、CG技術に関する専門用語や理論などの理解が問われます。
そのため、Photoshopなどソフトやツールに捉われず柔軟に学習することがポイントです。

また、CGクリエイター検定の合格基準は100点満点中70点ですので、出題範囲をバランス良く理解して苦手な出題分野をなくしておくことも合格への早道と言えるでしょう。(2018年3月現在)

資格を生かせる仕事

CGクリエイター検定の資格を活かせる仕事は、CMやテレビなどの映像制作会社をはじめ、建築事務所やゲームアプリ業界などもその一つです。

映画などに携わる人材は慢性的な人手不足とされていますので、CGクリエイターの資格を活かせる仕事は幅広い分野に広がっています。
また、CGクリエイターは実務経験年数によってスキルを積みやすく、制作する環境さえ整っていれば在宅でも仕事が可能になる点もメリットで、育児中の女性にとってお臨機応変な働き方ができ仕事も続けやすくなるという面もあるようです。

資格取得で期待できる収入

CGクリエイター検定の資格保持者の収入は、就業先の企業によっても異なります。

待遇面では優れているとは言えませんが、より選ばれるクリエイティブを生むことのできるプロを目指してよりスキルを磨くことで、段階的な年収アップも可能となるでしょう。

また、CGクリエイターは修行を積んで転職することに加え、フリーランスとして独立すれば更なる収入アップが期待できるのも魅力です。
ただ、収入アップを図るには、知識や技術力のみならずセンスや創造力を磨いておくことが必要と言えます。

関連資格

映像音響処理技術者資格認定試験
WEBクリエイター能力認定試験
ITパスポート
基本情報技術者
WEBデザイナー検定
CGエンジニア検定
画像処理エンジニア検定
マルチメディア検定

読売理工医療福祉専門学校 クロスメディア情報学科について

読売理工医療福祉専門学校 クロスメディア情報学科では、CGクリエイター検定の資格対策授業を行っています。

資料請求
オープンキャンパス
PageTop