MENU
訪問者別メニュー
入試・学費
学科紹介
学校案内
お問合わせほか
トップページ  >  学科紹介  >  クロスメディア情報学科

Web・IT分野のプロを目指す専門学校

クロスメディア情報学科

ITの基礎知識から
トレンドのWeb技術まで実践的に学ぶ

2年制
昼間
定員:40名
アドビ認定専門学校

クロスメディア情報学科の特徴

クロスメディア情報学科とは

皆さんは、雑誌の広告に記載されたQRコードや「○○で検索」といったテレビCMなどから、Webサイトにアクセスした経験はありませんか?

クロスメディアとは、テレビ・ラジオなどの放送メディアや、新聞・雑誌などの紙メディア、ホームページやSNS、動画サイトといったインターネットによるメディアなど、多様なメディアを組み合わせる(クロスする)ことで、相乗的な効果を期待する宣伝手法です。

クロスメディア情報学科では、Webサイトやモバイルアプリの開発技術を中心に、雑誌やTVなど、様々なメディアで表現するための技術を学び、広くメディア・IT分野で活躍できる人材を目指します。

人気のスマホアプリやゲームも!
Webサービスの開発技術を学びます

プログラミング(Java)、サーバー、ネットワーク、Webデザインなど、Webサービスの開発に必要なスキルを中心に学びます。
2年間で、オリジナルのWebアプリやゲーム作品、映像作品が制作できる技術が身につきます。

最高のクリエイティブ環境を用意
本校はアドビ認定専門学校です

アドビ認定専門学校となっている本校では、世界で最先端のクリエイティブツールを提供しているアドビシステム社のソフトウェアがいつでも最新バージョンで利用できる環境が整っています。

就職に強いWeb技術者
大学からの再入学でも夢を実現!

スマートフォンの普及を始め、あらゆるモノにインターネット技術が搭載されている今、Web技術者へのニーズは高まり続けています。
本学科にも毎年多数の求人が寄せられており、学び直しの既卒者も多数就職を実現しています。

目指す職種の一例

Webエンジニア
Webプログラマ

プログラミングやWeb制作技術、ネットワークやサーバーの知識を総合し、Webサービスの開発を行います。家電をはじめ、様々なモノにインターネット技術が組み込まれ、活躍の場が広がっています。

モバイルアプリ
エンジニア

モバイル端末のゲームやアプリケーションを開発する技術者です。
スマホやタブレット端末の普及が進み、引き続きニーズの高い職種です。

TV~ネット
技術者

TVとインターネットをつなぐデジタルTV時代のIT技術者です。スマートTVやハイブリッドキャストなど、Web技術と放送技術の融合が進む中、今後ニーズの増加が見込まれます。

アニメータ
CGクリエイタ

アニメーション制作やCG映像制作の技術を活かし、創作的業務を行います。
イベント等を盛り上げる3Dプロジェクションマッピングのクリエイターが現在注目を集めています。


カリキュラム

2年間の学びの流れ

1年 前期 Web業界の全体像やエンジニアとしての基盤となる、Web技術、プログラミング、デザインの基礎を学びます。
後期 最新のWebレイアウト技法やアプリケーション開発についての知識、スキルのステップアップが着実に進みます。
2年 前期 いよいよメディアの最新技術を取り入れた授業が始まります。
ネット配信技術やモバイルアプリ開発手法、各種資格対策もこの時期に学びます。
後期 2年間の集大成として実践課題に取り組み、学園祭や学科イベント、最後は卒業制作で培ってきた実力を発揮します。

授業の紹介

新技術演習

次のトレンドを予想しながら、最先端技術をいち早く取り入れた授業を行っています。
これまでにもVRやAR、センサーデバイスなどに触れてきました。

プログラミング基礎

現在広く使われているJava言語を用いて、文法やアルゴリズム、GUIの利用など、プログラミングの基本を学び、その後演習へとステップアップしていきます。

Webデザイン

Webページ制作の基本となるHTMLやCSS、デザイン手法を学びます。
Web制作に必要な素材の加工方法だけでなく写真撮影実習も行います。

モバイル用アプリケーション

iPhoneやAndroidなどのモバイルアプリケーション開発手法を学びます。
マルチプラットホームに対応した開発技術を身につけます。

映像配信のための授業

Ustreamやニコニコ動画など、インターネットの利点を活かしたLive配信技術を身につけます。
HackDayなどのイベントも、学生の手で生中継しています。

在校生インタビュー

梶 航輝さん
私立 一ツ葉高等学校出身
全くの素人から、就職することに成功! やればできる環境があります

高校生の頃に流行っていたゲームアプリを作りたいと思って入学しました。
全くの素人だったので勉強には苦労もしましたが、分からない箇所は先生に個別に指導してもらい、無事卒業できることに。就職が決まったのはクラスで1番目だったんです。
今後も勉強を続けて、シリコンバレーで働けるほどの技術者を目指します。

大澤 侑弥さん
私立 岩倉高等学校
Webエンジニアを目指し 懸命に勉強

高校の先生にIT系のおすすめの学校をいくつか紹介され、オープンキャンパスに参加しました。
少人数制で先生によく見てもらえると思ったのが入学の決め手です。
エンジニアになりたいので、授業は簡単ではありませんが、一生懸命やっています。
色々な国の留学生もいますが、趣味が共通だと日本人と変わらないなということも学んだことです。

卒業生インタビュー

秋葉 誠一さん
株式会社アープ勤務/Webアプリエンジニア
学生のうちは
何にでもチャレンジして

現在、医療関係のアプリケーション開発を行っています。
仕事はお客様との打ち合わせから仕様決め、プログラムの実装、使用する機材の設定など多岐に渡ります。
日々勉強で、仕事をすればするほどスキルアップし、自分の成長を感じられるのが醍醐味です。
入学したら学生という身分をフル活用して色々なことにチャレンジしてください。懐の深い先生たちが受け止めてくれますよ。

Guardion Mark Alvin Dionilaさん
株式会社ニューゲート勤務/システムエンジニア
“興味”を“仕事”にしてくれた
少人数制の授業

先生との距離が近いので実践的な技術と知識が自然と身につきました。
また、仕事をする上で大切なコミュニケーションや仕事への姿勢も同時に学びました。
そのお陰もあってか、インターンシップや就職活動もスムーズでした。
より国際的なシステムインテグレーション案件に関われるように、プログラマーとしてもっとスキルアップしていきたいです。

教員紹介

増田 孝博 先生
情報技術を「使う」側から「創る」側に立ってみよう

私がこの世界に興味を持ったのは、小さい頃に遊んだTVゲームが「どうやって動いているのか」と思ったことが始まりです。
そして、映画や小説で語られる近未来に憧れたことがこの世界に入るきっかけでした。
今、目の前で動いている技術を身につけ、「使う」だけでなく「創る」側に立って、「どうやって動いているか」の謎を一緒に解き明かしましょう。

菊川 陽子 先生
新しい技術とアイデアにワクワクするような体験を

企業内デザイナーを経てフリーランスでWebや紙媒体のグラフィックの仕事を続け、現在、縁あって学校で学生を指導することとなり、Webデザインの授業を担当しています。
新しい技術とアイデアにワクワクするような体験、ものを作り出す楽しさや喜びを共感したいと思っています。

就職について

実践力が評価され、高い就職率を維持

読売グループへの信頼と充実したネットワークで、ソフトウェア会社をはじめとした幅広い企業から毎年多数の求人が寄せられています。
クラス担任とキャリアカウンセラーによる親身な個別指導で、企業選択や会社訪問、面接など学生の就職活動をバックアップしています。

読売新聞社のSEや、TV制作会社のシステム開発に関わるSEなど、読売グループの繋がりを生かして就職している学生もいます。

また、本学科には大学を中退・卒業後に再進学してくる学生も多くいますが、資格と技術を身につけて就職を実現しています。

業界お仕事MAP

資格について

実力重視のWebの世界ですが、資格を持っていることで、これまで学んだ技術の証明になります。
本学科では、各資格試験の内容を授業に取り込むことで、授業がそのまま資格対策につながるカリキュラムを組んでいます。
資格対策のみに授業時間を割くことをしないので、2年間という限られた時間の中で、より多くのソフトや技術を学ぶことが可能となります。

学生納付金

雇用不安の中、入学生の負担を減らすため、抑えた学生納付金額を設定しています。
さらに奨学金制度などを充実し、経済的な理由などで進学に不安がある学生を支援しています。

※下記の金額の他に保険・教科書・教材代等の諸経費がかかります。

入学手続納入金 (A)
¥675,000.-
入学金(入学時のみ)
¥180,000.-
授業料(6ヶ月分)
¥255,000.-
施設費
¥150,000.-
実習費
¥90,000.-
後 期 学 費 (B)
¥495,000.-
授業料(6ヶ月分)
¥255,000.-
施設費
¥150,000.-
実習費
¥90,000.-
1年次納入額合計 (A+B)
¥1,170,000.-

よくある質問

Q.
Web業界の就職状況はどうですか?
A.
スマートフォンやタブレットから、いつでも気軽にインターネットに繋がるようになり、Webサービスの開発競争は激化しています。
また、Web業界は変化が速く、次々と新しい技術が生み出されていくため、業界の成長スピードに人材の供給が追い付いていない実情があります。
企業の広報戦略においても、自社サイトやソーシャルメディアの活用が必然となり、Webに関連したスキルを活かせる場面は広がりつつあります。
Q.
Web業界の将来性はどうですか?
A.
あらゆるモノがインターネットにつながるIoT時代が到来し、インターネットは私たちの生活の一部へと溶け込んでいます。
PCやスマートフォンだけでなく、自動車や家電、電力を制御するスマートメーターなどもインターネットにつながり、離れたモノの操作ができる時代になりつつあります。
身の周りの様々なモノにインターネットがつながるようになった今、Webに関する専門的な知識と技術を持った人材へのニーズはますます増えています。
Q.
給与水準や待遇面はどうですか?
A.
職種や就業先によっても幅がありますが、一般的にはWebプロデューサーやディレクターなどの企画系が400~500万円台、Webデザイナー等のクリエイティブ系で300~400万円台、 SEやプログラマなどのエンジニア系が400~500万円台が相場のようです。
Web・IT業界の仕事は、上流工程から下流工程への仕事が流れていくため、システムエンジニア(SE)やプロジェクトマネージャーなど、上流工程になるほど年収が上昇する傾向があります。
お電話でのお問合わせ

お電話でのお申込・ご相談は
入学相談窓口まで

0120-064-490
(平日9:00~20:00受付)
資料のご請求

無料で資料をお届けします!
パンフレット・願書のお申込はこちら

資料請求フォームへ 資料請求フォームへ
オープンキャンパスのお申込

オープンキャンパスや学校見学を開催中
各種イベントの詳細はこちら

イベント詳細ページへ
資料請求
オープンキャンパス
PageTop