MENU
訪問者別メニュー
入試・学費
学科紹介
学校案内
お問合わせほか
トップページ  >  学科紹介  >  建築士専攻科

二級建築士を目指す専門学校 読売理工学院

建築士専攻科

在学中に二級建築士合格へ
受験対策に特化した1年制学科

1年制
昼間
定員:10名

建築士専攻科の特徴

在学中に二級建築士合格を目指す

建築士専攻科は、徹底した受験対策指導で、在学中の二級建築士合格を目指す1年制の学科です。

現場や試験内容をを熟知した教員による丁寧な指導が特徴で、直近5年間の二級建築士合格率は74%と、全国でもトップクラスを誇ります。

在学中に二級建築士試験に合格できなかった場合も「二級建築士合格保証制度」で合格まで手厚くサポートします。

入学対象者は「二級建築士の受験資格取得者」です。本校で学んだ学生だけに限らず、二級建築士の受験資格を取得されている方であればどなたでも入学できます。

二級建築士合格保証制度

建築士専攻科に在籍し、二級建築士試験に合格できなかった場合、翌年一年間無料で授業を受ける事ができる制度


カリキュラム

前期は7月の学科試験に向けた授業を展開し、7月からは9月に実施される製図試験に向けて、徹底的な対策指導が始まります。
出題傾向を分析し、どんな問題にも対応出来る技術を身につけます。
時間制限のある試験において、より「早く」「確実」に回答を導き出すためのコツを、現役の一級建築士だからこそ可能なプロの目線でアドバイスします。

二級建築士試験終了後の後期は、福祉住環境コーディネーターやCAD利用技術者といった関連資格の対策授業を行うので、1年間、無駄なく効率的に学ぶことができます。

学科試験対策

受験に効果的な教材を用いて授業を実施。総合模試で実力を確かめ、着実に合格に近付きます

製図試験対策

経験豊富な講師陣が過去の問題傾向を分析し、様々なパターンに対応できる力を身につけます

関連資格対策

介護福祉学科を併設した本校ならではの福祉住環境コーディネーター講習など、関連資格対策も充実

講師紹介

尾林 徹 先生(建築系学科 学科長)
・一級建築士
・元、ゼネコンの現場監督
・施工やCADの授業担当
・普段は温厚だが、怒ると怖い

資格は一生の宝物

建設業界では、人手不足の問題点が浮き上がっています。その一つとして有資格者の高齢化が有ります。

現在の一級建築士保有率は20代1%、30代が15%、40代が20%、50代が31%、60代が33%(平成18年国交省データ)と建築士の高齢化が大きな問題となっています。 そこで、若いうちに建築士を取得する事により、今後ますます活躍する場が広がる事は間違いありません。

本校の建築士専攻科で、二級建築士の勉強をし合格することで、4年後の一級建築士取得に向けての勉強方法、建築の基礎学力も学ぶことが出来ます。

学生納付金

雇用不安の中、入学生の負担を減らすため、抑えた学生納付金額を設定しています。
さらに奨学金制度などを充実し、経済的な理由などで進学に不安がある学生を支援しています。

入学手続時納付金(1年分全納)
¥750,000.-
入学金※
¥160,000.-
授業料(1年分)
¥340,000.-
施設費(1年分)
¥130,000.-
実習費(1年分)
¥120,000.-

※上記の金額の他に保険・教科書・教材代等の諸経費がかかります。
※本校の建築学科、建築科卒業生は入学金¥160,000が免除となります

就職について

在学中に二級建築士を取得して就職率100%

在学中に二級建築士を取得し、資格を持った状態で就職活動に臨めるため、資格保持者を優遇する建築業界において、非常に有利に活動を進めることが可能になります。

資格について

在学中の二級建築士合格を最大の目標に、建築業界での更なる活躍を目指し、その他の関連資格取得にもチャレンジします。

在学中に取得を目指す資格

【合格保証制度適用資格】

・二級建築士

【その他の取得目標資格】

・福祉住環境コーディネーター ・CAD利用技術者 ・2級建築施工管理技士
・カラーコーディネーター ・商業施設士補 ・VEリーダー ・消防設備士 甲種

お電話でのお問合わせ

お電話でのお申込・ご相談は
入学相談窓口まで

0120-064-490
(平日9:00~20:00受付)
資料のご請求

無料で資料をお届けします!
パンフレット・願書のお申込はこちら

資料請求フォームへ 資料請求フォームへ
オープンキャンパスのお申込

オープンキャンパスや学校見学を開催中
各種イベントの詳細はこちら

イベント詳細ページへ
資料請求
オープンキャンパス
PageTop