MENU
訪問者別メニュー
入試・学費
学科紹介
学校案内
お問合わせほか
トップページ  >  学科紹介  >  建築学科

建築・インテリア業界のプロを目指す専門学校

建築学科

二級建築士取得への近道
少人数制で一から学ぶ

2年制
昼間
定員:40名
国土交通省認定
「職業実践専門課程」文部科学大臣認定校

建築学科とは

建築学科は、建築業界で最重要とされる「二級建築士」「一級建築士」の受験資格認定校です。 「二級建築士」は大学へ進学するよりも短い2年間、「一級建築士」は卒業後4年間の実務経験で受験資格が取得できます。

一級建築士として活躍する講師の指導のもと、企業と連携したインターンシップや建築現場の見学、木工・鉄工実習など、実践的な能力を培う授業が特徴です。

卒業生は、建築士や建築施工管理、CADオペレーター、インテリアデザイナーなどの職種で活躍しています。

一級・二級建築士への道のり

建築学科 3つのPOINT

建築を一から学べる
安心の少人数制

総教員数が多く、一人ひとりの進み具合を確認しながら丁寧にフォローできる環境が整っています。
学生の約9割は普通科の出身ですが、確実に知識と技術を身につけ、建築業界に就職しています。

一流の先生が直接指導
プロの視点を学ぶ

指導にあたるのは、業界で活躍する建築家です。
「大改造!!劇的ビフォーアフター」など人気TV番組に出演した先生や、グッドデザイン賞など権威ある賞を受賞した先生など、一流の先生からプロとしての視点や発想、技術などを学べます。

文科省「職業実践専門課程」認定校
企業と連携し実践力を磨く

建築を学ぶ上で最重要な設計製図やCADの授業において、企業と連携し、最新の技術動向が反映された教育をおこなっています。
また、教育の質の向上のため、学会や協会が主催する研修会に教員が積極的に参加しています。


カリキュラム

2つのコース別授業でスペシャリストを目指す

建築学科には「インテリア・設計コース」「施工コース」のコース別授業があります。
より専門的なスキルを身につけるとともに、目標とする資格取得に向けて、さまざまな角度から理解を深め、 それぞれのスペシャリストを目指します。

インテリア・設計コース

建物のデザインから内装、リフォーム、カラーコーディネートまで、 住む人の立場に立った住空間を設計・デザインできる設計者・デザイナーを育成します。
CGや模型を使ったプレゼンテーションテクニックも学びます。

施工コース

現場で活躍するプロの指導のもと、建築の着工から竣工までの過程を学び、実習を通して建築施工管理のエキスパートを育成します。
建物を造るために必要な施工図面の読み方・描き方、CADを使った図面の描き方も学びます。

2年間の流れ

1年 【前期】建築やデザインの基礎を学びます。
【後期】建築・デザインは応用に入り、より実践的な授業を行います。
2年 【前期】2 つのコースから自分にあったコースを選びます。実践的な授業とともに作品に自分の個性を生かすことも学びます。
【後期】卒業設計で製図、模型製作をします。資格取得のための対策授業も行います

幅広く学べる充実の授業内容

施工管理

建物を実際につくるために必要な、品質管理、原価管理、工程管理等を学習します。

卒業設計

2年間の集大成となる設計に挑戦し、本番さながらにパワーポイントや模型を使ってプレゼンテーション。
建築家として記念すべきファーストステップを飾ります。

模型演習

木造の伝統的な工法を理解するため、軸組模型を製作します。また軸組材料を使い、自分で設計した建物の模型を作ります。

インテリア計画

家具や内装材の選び方をはじめ、照明計画、色彩計画などインテリアに関するデザインとコーディネーションを学びます。

職業実践専門課程 認定校ならではの実習

本校の建築学科は、2014年4月に文部科学大臣より「職業実践専門課程」として認定されました。
日々進化する建築分野に必要となる実践的かつ専門的な能力を育成するために、企業との連携を通じて、最新の技術動向が反映された教育をおこなっています。

CAD

カラビナ一級建築士事務所
片岡直樹 設備設計一級建築士事務所

4 種類の CAD(Auto CAD、VectorWorks、 Jw_cad、SketchUp)を学びます。
様々な構造種別、各種図面の作図方法を学び、各自の設計作品を仕上げます。

設計製図

野口修アーキテクツアトリエ
一級建築士事務所 堀智絵子建築設計事務所

国家試験に必要な図面を描く技術や読み取る技術を学びます。
木造・RC造・鉄骨造など、社会に通用する設計製図力を養います。

建築測量

Atelier CHOCOLATE 一級建築士事務所

各種測量方法の理論を習得し、実習地において、測量機器の取り扱い、データの調整計算などにより実務能力を養います。

材料実験

Atelier CHOCOLATE 一級建築士事務所

コンクリート試験では配合設計を行い、材料の計量、混ぜ合わせ、型枠への流し込み、強度試験を行い、それぞれの材料の特性を理解します。また、鉄筋の強度試験も行い、試験方法、報告書の書き方を学習します。

講師紹介

黒田幸弘先生

学科長 黒田 幸弘先生 一級建築士
建築は今までにないもの、あったらいいなというものを形にしていきます。
その過程において、自分の知識があればあるほど自由な形が作り出せますので、学ぶことが必要になってきます。
多くの素晴らしい建物をたくさん見て、空間を体験することが重要です。
本校はそのための第一歩を踏み出すところです。
さあキミの夢を形にしていきましょう!

PROFILE
早稲田大学理工学部建築学科卒業/石井和絋建築研究所、AMO 設計事務所を経て遊民建築研究所設立

野口 修一先生

野口 修一先生 一級建築士
建築とは「モノ」を作ることだと思われがちですが、実は「空間」を作ることなのです。
「空間」というのは、天井に高いところがあったり、低いところがあったりと、そういう操作をして、人の感覚に影響を与えるものです。
それは音楽でメロディやリズムを作るのと同じことです。
最終的に図面や模型で目に見えるものにして伝えること、そのことを手と頭を使って一緒に学んでいければと思います。

PROFILE
読売東京理工専門学校(現本校)卒業/千葉大学大学院卒業/野口修アーキテクツアトリエ設立

大田 真先生

大田 真先生 一級建築士
建築はさまざまな「人々」と「環境」にさまざまな影響を与えます。
その時、その場所で、その建築を直接利用する人々や周辺環境はもちろんのこと、時や場所を越えて、直接には利用しない人々や遠く離れた環境にも影響を与えると考えられます。
理論と感性のバランスをとりながら、現在の人々と、将来の人々が共に豊かに生きる環境を保つべく、より適切な建築・環境をつくるベースを学びましょう!

PROFILE
横浜国立大学工学部建設学科(土木)卒業/ 千葉大学大学院(建築)修了/建築・デザイン事務所を経て、atelier CHOCOLATE設立

小島 善文先生

小島 善文先生 一級建築士
設計とは、どんな形がその状況でベストなのかを探し出す作業でもあります。
予算、工期、法規など多種多様な条件の中で、クライアント、設計者、施工者ほか様々な人たちによって建物は造り出されていきます。
建物をデザインするということは、実際の姿ではなく、その方法をデザインすることなのかもしれません。
そんな方法を発見する第一歩のお手伝いが出来ればと考えています。

PROFILE
横浜国立大学工学部建築学科卒業/ 山本理顕設計工場、妹島和世建築設計事務所を経てD BOX設立、 AL建築設計事務所共同設立

星 裕一郎先生

星 裕一郎先生 一級建築士
建築は人と人の暮らしを取り巻いている、広い意味での「環境」を考えながら、実際に物理的な「空間」を作り上げていく仕事です。
本校ではそうした建築の仕事をするために必要な技術や基礎知識を体験しながら習得します。
またコミュニケーションツールとしての図面の表現方法や、プレゼンテーションの技法を勉強していきます。

PROFILE
千葉大学大学院卒業/ワークステーションを経て星設計室設立

牟禮 智絵子先生

牟禮 智絵子先生 一級建築士
建築に関わる仕事は環境や価値観の変化によって非常に多様になってきています。
建築の知識を基礎から学んでいきますが、設計の授業は課題に正しい答えがあるのではなく、自分の考えが答えになります。
設計は大変な面もありますが、自分らしさが問われる自由で楽しい授業です。
さまざまな角度から考える力を身につけ、自分の目指す建築の分野で力を発揮できるよう一緒に勉強していきましょう!

PROFILE
日本女子大学住居学科卒業/山本理顕設計工場を経て堀智絵子建築設計事務所設立

インタビュー

在校生インタビュー

大木 真実
大木 真実 さん
千葉県立匝瑳高等学校 出身
株式会社内外設計 内定
勇気を出して好きな道を目指し本当に良かったです

一度は看護師の道を考えましたが、好きな建築を仕事にしたいと方向転換しました。
建築士というと意匠設計を目指していると思われがちですが、私は構造の仕事に就きたかったので、計算の知識を身につけることに力を注ぎました。
先生方のサポートもあって目指していたプラント系の会社に内定が決まりました。
将来は大きなプロジェクトに関わりたいです。

井出 成志朗
井出 成志朗 さん
山梨県立富士河口湖高等学校 出身
株式会社住之江工芸 内定
明るい先生と仲間に恵まれて成長できました

現場で活躍している先生が多く、親しみやすい方ばかりだったので入学を決めました。
専門的な知識を覚えたり、製図の際スピードを求められたり難しいこともありますが、授業の時間以外でも丁寧に教えてもらえます。
就職活動では業界をよく知る先生が選択肢をいくつか提案してくれたので、落ち着いて取り組むことができました。

卒業生インタビュー

鈴木 智子 さん
新潟県立新潟中央高等学校 出身
東京理科大学 工学部 建築学科 編入
より深く建築を学びたくて大学に編入しました

早く現場に出たいと思い入学しましたが、学んでいくうちに学問としてより深く建築を追求したい思いが強くなり、大学に編入しました。
少人数制の学校なので、積極的に取り組めば、先生からたくさんのことを学ぶことができますし、クラスメイトとも良い友だちになれました。
2016年からは大学院で公共空間での人間の行動理論を研究しています。

上原 裕貴 さん
明星大学経済学部 出身
株式会社トーヨー建設 勤務
建築の専門知識を身に付け、希望の仕事に就けました

大学4年の時、内定も決まっていましたが、建築の知識、技術を身に付けてから就職したいと思い、読売理工に入学しました。
文系だったため、構造力学など難しい授業もありましたが、少人数制のクラスなので、じっくり一から学べました。
ハウスメーカーの設計部署に就職し、現在は設計担当として適切な提案をする為に取り組んでいます。

山﨑 貴大
山﨑 貴大さん
株式会社 大東建設 勤務
就職はスムーズに決定
習った CAD が役立っています

読売理工を卒業して分かったのは、先端の技術を学んだということ。習った3種類のCADが大変役に立っています。
それは第一線で活躍している先生が多いからだと思います。
就職活動のときは自分でもネットで探していましたが、結局、学校の紹介の会社にスムーズに内定が決まりました。
夢に向かって順調に進んでいます。

学生作品

就職について

業界とのコネクションと丁寧なフォローで就職内定率は100%

大手ゼネコンや住宅メーカーをはじめ、設計事務所、インテリアデザイン事務所、工務店など、幅広い就職実績があります。
建築業界とのコネクションに強みがあり、OBの活躍する企業など、毎年のように求人をいただく例も多いです。

また、会社訪問や面接などの試験は、就職担当教員が間に入るなど、丁寧なフォローに特徴があります。
こうした強力な就職バックアップ体制により、毎年多くの学生が、希望の就職を実現しています。

受験対策に的を絞った1年制の「建築士専攻科」を併設しているので、卒業後、確実に二級建築士に合格したい場合はこちらに進学することも可能です。
建築士専攻科の二級建築士合格率は例年全国平均を大きく上回っています。

資格について

在学中に取得できる資格

商業施設工補(講習会受講)

在学中に取得可能な主な資格

インテリアコーディネーター、カラーコーディネーター、福祉住環境コーディネーター【資格対策講座あり】、CAD利用技術者

卒業後に取得可能な主な資格

卒業後の実務経験0年:二級建築士【資格対策講座あり】、木造建築士
卒業後の実務経験1年:商業施設士
卒業後の実務経験2年:2級建築施工管理技士【資格対策講座あり】、2級管工事施工管理技士、インテリアプランナー
卒業後の実務経験4年:一級建築士、建築設備士
卒業後の実務経験5年:1級建築施工管理技士、1級管工事施工管理技士

学生納付金

雇用不安の中、入学生の負担を減らすため、抑えた学生納付金額を設定しています。
さらに奨学金制度などを充実し、経済的な理由などで進学に不安がある学生を支援しています。

※下記の金額の他に保険・教科書・教材代等の諸経費がかかります。

入学手続納入金 (A)
¥675,000.-
入学金(入学時のみ)
¥180,000.-
授業料(6ヶ月分)
¥255,000.-
施設費
¥150,000.-
実習費
¥90,000.-
後 期 学 費 (B)
¥495,000.-
授業料(6ヶ月分)
¥255,000.-
施設費
¥150,000.-
実習費
¥90,000.-
1年次納入額合計 (A+B)
¥1,170,000.-

よくある質問

Q.
建築業界の就職状況はどうですか?
A.
建設会社・工務店・ハウスメーカー・設計事務所・不動産会社など、建築士は活躍の場が広く、安定した求人のある職種です。
家づくりのプロである2級建築士は、新設の住宅はもちろんのこと、昨今のリフォームブームもあり、ニーズが高まっています。
規模に制限なくあらゆる建築物を手掛けることができる一級建築士になれば、独立・開業も可能です。
Q.
建築業界の将来性はどうですか?
A.
2020年に開催される東京オリンピックに向けて、飲食店やホテルの新設・リフォームや、駅やホールの改修工事が増加すると予想されます。
しばらくは建築業界全体の需要は高い傾向が続くでしょう。
長期的に見ても、高齢化社会や環境問題、災害への備えなどの課題解決に対して建築士の持つ役割は大きく、その活躍が期待されています。
Q.
給与水準や待遇面はどうですか?
A.
建築士は、国家資格を取得した人しか就くことのできない業務独占資格であり、試験の難易度も高く、専門性が高い職業です。
平成26年度賃金構造基本統計調査によれば、一級建築士の平均年収は638万円、月収は43万円と、他業種と比較しても高い傾向にありました。
Q.
大学との違いはありますか?
A.
・入学してすぐ、1年次より建築の専門科目を学べます。大学では1~2年は教養科目を中心に学びます。
・ 建築業界の第一線で活躍している、現役のプロ講師陣が指導します。
・授業料は2年間で216万円。私立大学建築科の4年間の学費と比較すると約300万円近く差が出ます。
・本校を卒業すると大学卒業者より2年早く二級建築士受験資格を取得できます。また、建築士専攻科には「二級建築士合格保 証制度」が用意されています。
お電話でのお問合わせ

お電話でのお申込・ご相談は
入学相談窓口まで

0120-064-490
(平日9:00~20:00受付)
資料のご請求

無料で資料をお届けします!
パンフレット・願書のお申込はこちら

資料請求フォームへ 資料請求フォームへ
オープンキャンパスのお申込

オープンキャンパスや学校見学を開催中
各種イベントの詳細はこちら

イベント詳細ページへ
資料請求
オープンキャンパス
PageTop