MENU
訪問者別メニュー
入試・学費
学科紹介
学校案内
お問合わせほか

Web業界に就職するには

Web業界に就職するには

Web業界の仕事では、専門的な知識や技術を求められることが多くなります。そのスキルを身に付けるまでに時間がかかるため、全くの未経験のままで働くことは難しい場合もあります。しかしその分、仕事にやりがいを感じられることも多く、自分が制作に携わったサイトを世界中の人に見てもらえるのは達成感も大きいものです。
ここでは、そんなWeb業界に就職したい方へ向けて、仕事の基本や求められる人材などをご紹介します。

Web業界の仕事ってどんなもの?

Web業界の仕事にはいくつか種類があります。その代表的なものとしてあげられるのが、Web制作の仕事でしょう。これは、企業や店舗のホームページを作成したり、ショッピングサイトを構築したりする仕事であり、基本設計から制作までを担います。
仕事の流れとしては、まず作成を依頼する顧客から、どんなサイトを作りたいのかヒアリングを行うところから始まります。全体のデザインイメージやサイトのコンセプト、盛り込みたい情報、機能など細かいところまで決めていく場合もあれば、大まかな概要のみを決め、あとは制作者に一任するというケースも見られます。
制作の際には、顧客のイメージする内容にマッチしたサイトを作り上げることが最優先事項となるため、単純な制作の技術だけでなく、相手の意向を汲み取る能力も必要です。

Web業界での働き方

Web業界での仕事を細かく分けると、WebデザイナーやWebプログラマー、Webコーダー、Webディレクターなどさまざまなものがあり、どれも専門的な知識を要します。大きな会社の場合には、Webディレクターを筆頭に、Webデザイナー、Webコーダー、Webプログラマーなどを集めたグループ単位での作業となることもあります。その場合には、ディレクターの指示のもと、各作業者が同じ目標を持って一つのコンテンツを作り上げていくことになるので、意見の相違を防ぐために周りとコミュニケーションを密に取る必要も出てくるでしょう。
また、Web業界における給料は、就く仕事により大きく異なりますが、高い技能を持っていれば高収入を目指すことも可能です。企業によっては、出来高制を採用しているところや、在宅ワークが可能な場合もあります。

Web業界で求められる人材

Web業界での仕事は一見華やかなように見えますが、作業内容はじっくりと腰を据えて行う地道な作業だと言われることがあります。そのため、企業が求める人材は、責任感を持って最後まで仕事をやり遂げられる方、忍耐力のある方などといった傾向があります。
また、この世界で働くならばインターネットが好きであることは前提ですが、自らが情報を発信する側に立つため、常に新しい情報を求めるアンテナを張っておく貪欲さも必要です。特に近年では、スマートフォンやタブレットの普及により、小さな画面でも見えやすいデザイン作りを求める企業が増えていたりと、市場動向の激しいWeb業界では、流れに置いていかれることなく情報を追い続けられる人材が求められるのです。

Web業界でやりたい仕事をするには?

Web関連の仕事をしたいのであれば、就職先としてはWebデザインを手がける制作会社などがあげられます。また、自社でホームページを作成している会社であれば、デザインや広報などの部署に入ることで、その仕事に携わることも可能でしょう。
この業界で働くに当たっては、まず自分の特性や向き不向きを考え、やりたいことを明確化することが重要です。もし、やりたい仕事が具体的に決まっているのであれば、そこに特化した資格を取得することで、就職にも有利になるはずです。Webデザイナー検定やCGクリエイター検定といった資格を持っていれば、Web制作を行うための技術やデザイン性も身に付けられるでしょう。

インターネットの利用やスマートフォンを持つ人が増えつつある昨今では、ホームページを使っての自社アピールや通販サイトでの販売も欠かせない戦略の一つとなっています。将来、この業界で働きたいと考えている方は、まず専門学校に行って勉強しておくことで、就職前にスキルを身に付けられ、仕事にも大きく活かすことができるでしょう。

WEBの道を目指すなら

資料請求
オープンキャンパス
PageTop